横浜に住む働く主婦の日常


by akicoms
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あれから12年

大学時代に所属していた団体のOB会を発足することになったので、銀座某所にて発起人会。
現役4年生まで巻き込んですごいことになっていました、最年少の彼と私は同じ干支だって。
1時間ほどでコンセプトや会則などの審議は切りあげてあとは飲み会。

会場が母校の卒業生中心の会員制クラブだったのだけど、その会とは直接関係のない先輩にすごく久しぶりに会ってしまい思わずそちらに参加してしまったので、あまり後輩たちとの懇親は深められなかったのだけど、まあ毎月開くらしいから、まあいいか。

そのあと新橋のバーで同期と3つ下の後輩とだけでまったり。最寄駅までの終電に乗りそびれ、蒲田からタクりました。会費も先輩風吹かせて多く払って、おまけにタクシーじゃ本当に散在し過ぎ。

でもとても懐かしく当時のいろいろなことを思い出してちょっと切なくなったりとかね。
[PR]
by akicoms | 2008-01-24 18:05 | 日々のこと

くじら

ここ最近、オーストラリアでは日本の捕鯨に対する反対運動が盛り上げっているようで、それに対して日本人(と思われる)からの反発ビデオが流れたりだとかで、ひそかに気になっております。私の数少ないオーストラリア体験の中で嫌な思いをしたことはほとんどないし、ホントなの?って感じなのですが、ネットに現れる「白豪主義」だとか「人種差別」とかいう文字を見ると鬱々とした気分です。

そんな中、先日旦那氏が仕事で日本にやってきたオージーのためにディナーの予約(お店はあたりさわりのないヌーベルシノワ)をしたのですが、アテンドしてきた日本人の知人によると本当は「くじらが食べてみたい」ということでそのつもりだったそうなのですが、ちょうどお目当てのお店がお休みであきらめたという経緯があったそうです。
もちろん彼には彼なりの考えがあってのことかもしれないし、実際にどんなお考えなのか知る由もないのだけど、国家ぐるみであんなに騒いでいるのにそんなもんなの?と拍子抜け。

今回の騒動も政治や経済問題やいろいろな要素がからんだ中でのことで、みんながみんな(私も含めて)真剣に考えたりしてないと思うのだけど、「国」っていうのはある意味やっかいなシステムですね。旦那氏が左よりの考えをする気持ちがちょっとわかります。
[PR]
by akicoms | 2008-01-23 12:36 | オーストラリア

鎌倉散歩

母と鎌倉へ。
鎌倉に行くと特にお目当てがない場合、たいていがここでランチをします。
お野菜もお店の畑で穫れるもの、お魚も地元の漁港で水揚げされるもの、を中心に丁寧に作っており、「スローフード」をテーマにしているだけあって、前菜・パスタ・メイン・デザートのコースなのに11:30に入店してお店を出たのは14:00。でも「出てくるの遅ーい」という雰囲気ではなくゆっくりお食事を楽しめます。けっして回転もよくないのに、いつも行列ができています。なので行くときは開店と同時に。

そのあと鶴岡八幡宮にお参りして、小町通りや若宮大路をぶらぶらしていたところ、ふいに呼び止められ振り返ると中学時代の同級生。彼女は絵を描いていて4・5年前はよく青山でやってた個展にもお邪魔してたのだけど、双方ともに引っ越したりなんだりで最近はご無沙汰してしてしまっていました。
なんでも地元の展覧会で大賞をとったそうで、びっくり。仕事に行くところだったようなので、早々にお別れしたのだけど、家でネット見てみたら近々鎌倉でも個展をするようなので、見に行こうと思います。素敵な絵なのよ。
[PR]
by akicoms | 2008-01-21 12:57 | おでかけ

音楽の愉しみ

昨年も書いたけど、「のだめカンタービレ」LOVEな私、のお正月はのだめ漬けでした。
2・3日は今までのドラマを一気に一挙放送(もちろん全部DVD録画。レコーダーのHDの残量が恐ろしいことになりました)。そして4・5日は2夜連続のスペシャル版。空いた時間はひたすらテレビの前におりました。あまりに集中して見ていたので、ちゃんと観ていたわけではない旦那氏までもが「ラプソディーインブルー」を口ずさむ始末。

連続ドラマの頃はオープニングテーマだったベートーベン交響曲第7番を、お恥ずかしながらこのドラマで初めて知って、なんて素敵な曲なんだろうと夢中になったのだけど、スペシャル版で再発見だったのはブラームスの交響曲第一番。この曲は2楽章がちょっと聞き覚えのある曲で、今から10年くらい前、私が人生の中で一番クラシック音楽を聴いていた時代に知ってはいながらも、当時は重々しい第一楽章がヘビーすぎてあまり好きではなかったのだけど・・・今聞くとその重々しさが荘厳って感じで、心を揺さぶられ続けました。ブラームスが20年を費やして尽作り上げた作品なんだそうです。最後は「歓喜!」。

あとこれは原作には出てなかったような気がするけど、のだめがパリに来て初めてアパルトマンで引いたドビュッシーの「鏡」だったかな?題名がすぐ出てこない・・・、初めて聴いたのだけど、ちょっと惹きつけられる曲だったなー。実家ではもう誰も弾かなくなってろくに調律をしていないピアノの処分計画が進んでいるので、もう私が弾くことはまずないだろうけど、練習してみたくもなりました。

クラシックだけでなく、最近はあまりしみじみと音楽を聴くということをしていなかったと反省して、昨年のクリスマスは某ジャズクラブで過ごしたのだけど「やっぱり人生には音楽がなくちゃね」という気分なので、今年はライブを観に行きましょう。
[PR]
by akicoms | 2008-01-08 22:48 | 日々のこと

謹賀新年

年末年始は毎年恒例、旦那氏の実家へ帰省。
カニ食べて、紅白見て、除夜の鐘撞いて、初詣行って、旦那氏と一緒にお客さん状態で、ごろごろしておりました。

本日は初出勤。私は普通に仕事がありますが、ゆるゆるモードの旦那氏と待ち合わせてお寿司ランチをしてきました。彼は14:00くらいに帰宅するそうです。いいなー。

今年の1月はお仕事が殺人的スケジュールで無事に終わるのかどうか、気ばかりあせっているのですが今日くらいは早く帰りたい・・・。

毎年毎年決意しては結局だらだらとなし崩しになってしまう今年の抱負ですが、30代も折り返し地点を迎える今年は、とにかく「きちんと暮らす」ことを心がけて行きたいなと。
[PR]
by akicoms | 2008-01-04 12:55 | ごあいさつ