横浜に住む働く主婦の日常


by akicoms
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

むかー!

今朝の朝礼で「はぁ?」と言いたくなるような発表があって頭に血が上りっぱなしの1日。
その決定自体は良いことでも悪いことでもなく、会社の意思の一つというだけのことなので、そのこと自体はサラリーマンである以上受け入れなくてはいけないかなとは思っているけど、私はその決定には反対だし、何よりその決定に至った経緯や会社の考え方の説明は一切なし!「お前たちは言われたことだけ黙ってやっていりゃいいんだ」と考えているとしか思えない。

発表があった直後に上司に詰め寄って説明の場を設けてもらうことにして、とりあえず落ち着きましたが、そのあと先輩に飲みに誘われたので二つ返事で承諾。このあとの対策を考えないと!
本当はビクラムヨガの予約を入れていたのだけど、キャンセルしました・・・ごめんなさい。
[PR]
by akicoms | 2006-03-23 19:11 | お仕事

お引越し

実は来月引っ越しすることになりました。
ブログをではなくて、家をです。

今住んでいるところは、もちろんパーフェクトとはいかないけどとても気にいっていたし、まわりの環境も申し分なく、このままここで子供を産んで育児してここが「我が町」になっていくのかなーと思っていたところなのでとてもとても後ろ髪ひかれる思いです。

そもそも引っ越すことになったのは、旦那氏の転職が決まって、その転職先が社宅を用意してくれるということがきっかけ。社宅に住まない代わりに住宅手当をもらうという選択肢もありだったのですが、社宅に住むことによる経済効果は単純に計り知れなく、我が家は夫婦揃って快楽に弱いので、結婚以来今まで東京の真ん中に住むお気楽DINKSとして、ばかみたいな消費生活を送っていたのですが、そんな生活への反省もあって、そろそろ地味に暮らしてちょっとは将来のことを考えてもいいかもしれない・・・ということで社宅入りを決意いたしました。

ということで来月から横浜市民になります。
私はもともと神奈川県民だし、現在の勤務先も横浜なので、そういう意味ではとても嬉しい変化のはずなのに、根が保守的なのもあってこういうときにあまり前向きに考えられないのよね。今のところに引っ越してきたときも旦那氏にはぎゃーぎゃー言っていたらしいです。私はもうそんなこと忘れちゃったけど(笑)

ヨガスタジオへも今まで以上に行けなくなってしまうと思うと落ち込んでしまいますが、多分生活に余裕はできると思うので宅ヨガかな。横浜にはyoggyとホットヨガのチェーン店とこじんまりしたハタヨガとかパワーヨガ系の教室はあるみたいだけど、アシュタンガはないみたい・・・。
横浜在住のアシュタンギは都内まで通っているのよね、きっと。

そうそう、ブログの名前も変えなくっちゃね。
[PR]
by akicoms | 2006-03-15 14:12 | 日々のこと

Home Warming Party

豪州旅行記は遅々として進みませんが。

日曜日は、昨年一軒家を新築した友人の家に遅ればせながらお祝いに行ってきました。
本当は仲間8人のうち7人が集まる予定だったのですが、みるみるうちにみんな体調不良でキャンセルになってしまい、結局その友人入れて3人になってしまいました。
大人同士の集まりだったら多少無理はできても、お子様含めての集まりなのでみんな用心しているのね。

彼女の家は閑静な住宅街の中の彼女の実家から「スープの冷めない」距離にあって、そりゃもう理想的な素敵なお宅。(よく話を聞けば旦那様からみたらいろいろあるみたいだけど・・・)やさしい旦那様と3歳の男の子と8か月の女の子もいて、もう絵に描いたような「スイートホーム」でした。
上の男の子には何回か会っているのだけど、こないだ会ったときにはまだ言葉がやっと言えるようになった時期だったのが、もうちゃんと会話が成立するようになっていて4月から幼稚園に通うらしい。本当に子供の成長って早いよねー。
下のお嬢ちゃんには初めて会ったのですが、人見知りをするようになったみたいでママの姿が見えなくなると大泣き。私たちで必死にあやしたりしても彼女はこの世の終わりかと思うほどの泣き叫びよう。それなのにママに抱っこされるとぴたっと泣き止んでご機嫌なかわいい顔になってんの!んもー!ママは「二人目になるともういちいち動じなくなる」とか言ってしばらくほったらかしにしてました。さすが。

そのお友達の旦那様は、私の大学時代の先輩が企業派遣で大学院に行っていたときの同期で、彼らの結婚式の二次会でその先輩にばったり会って世間は狭いなーとびっくりしたものでした。旦那様と共通の知人であるその先輩の話なんかもちょっとできて嬉しかったです。

そんな中、もう1人一緒に行ったお友達の結婚が決まったという発表もあり、もう幸せムードいっぱいの会となりました。私はそろそろだと思っていたんだよー。式は9月なんだって。単衣のちゃんとした礼装は持っていないから誂えちゃおうかなー。
[PR]
by akicoms | 2006-03-13 17:40 | 日々のこと

日々逡巡

水曜日は平日では唯一確実にハーフプライマリーのクラスに出られる日なのだけど、前から同じ部署の先輩(女子)に飲みに誘われていたので、いそいそと行ってまいりました。
先輩が一応周りにちょっと声をかけていたのですが、結局その先輩と同じ職責にあたる2人(男子T氏とI氏)と先輩のアシスタント2人(男子)という面子。

私はお酒に弱いほうではないし、次の日(つまり今日だけど)の仕事のボリュームの多いことが分かっていたので、適度に飲みながらも「酔っ払ってはならぬ」と肝に銘じていて、平社員の無責任さで、アクセル全開で酔っ払ってゆく先輩とT氏の酔っ払いぶりを姉のような気分で眺めておりました。(年下のくせに)

先輩と私がむだ毛の処理方法など、くだらない女子トークに興じている間、T氏(私と同い年)はどうも説教おやじっぽくなっていて一つしか年の違わないアシスタント相手に「社会人とは・・」みたいなことを熱く語るわ、先輩の欠点について「これも愛の鞭なんだ」的に指摘するわ、ホント酔っ払いって愚かよのー。私も気をつけようっと。

ということで、あまりおもしろくない飲み会になっちゃったけど、日頃お世話になっているのでたまには仕方ない・・・。かわいそうなのはアシスタント君2人(と一方的にかみつかれた先輩)だけど彼等も大人だから「愚かよのー」と流しているに違いない。

そんなことより、一足先に親会社のある社屋に引っ越した別部署の人がさっき来ていて、聞いた話では、親会社では女子社員がお茶当番・男子社員が朝礼当番と性別による役割分担があるんだって!なんだそりゃ。

昨日先輩に「あの親会社はまだ変われる余地があると思う」と聞いて転職するのはもう少し待ってみようと思ったのもつかの間、そういう会社で成長する自分がイメージできなくなってきた・・・。
[PR]
by akicoms | 2006-03-09 18:13 | お仕事

のんびり

Hamilton Island 2日目。
そもそも、やってきたはいいけど、何をするか何も決めていなかったので、ベランダで朝からビールを飲みつつ今後の予定をたてたり。
そのあととりあえずレンタル代を無駄にするまいと朝からバギーでお出かけ。
ミートパイがおいしいというお店でミートパイとコーヒーを買ってお店の外のベンチでヨットハーバーを眺めながら朝ごはん。

翌日のツアーを予約して水着に着替えてまたまたプールへ。
プールサイドにはデッキチェアがふんだんに用意されていて日本のプールみたいに「デッキチェアがないよー」ということもなし。
プールの真ん中にはバーがあってお酒を飲みながら水と戯れてみんな楽しそう。私はちょっと水につかってあとはひたすら読書。
持っていった本は江國香織。江國香織の本を旦那氏の横で読むのってちょっとどきどきします。

プールサイドにあるカフェでバーベキューランチをいただいてから、午後はビーチでガイドつきシュノーケリングのアクティビティに参加。予約の必要なく時間になったら浜辺にある集合場所に行けばいいというお手軽なもの。他にもシーカヤックや何とかっていう小型ヨットとかいろいろお手軽に参加できるアクティビティがけっこうありました。天候の状態でキャンセル・・・ということが結構気軽に(?)あるみたいでしたが・・・。
私は泳ぎがあまり得意ではないので腰が引け気味だったのだけど、フローティングベストを着用するので、全然大丈夫でした!やる気まんまんだった旦那氏が逆にゴーグルが合わなかったらしく、何度も水が鼻に入ってきてしまい溺れそうになっていました。かわいそう・・・。
ビーチでのシュノーケリング体験だったので「うわぁ感動!」というほどの珊瑚礁を見たわけではないのですが、それでも珊瑚礁は珊瑚礁だし、魚もたくさんいておもしろかったです。シュノーケリングは旦那氏にまかせて私はその間エステでも行ってようとか思っていたくせに、翌日にもっと遠くにシュノーケリングに行くツアーに参加することにしていたのですが、とっても楽しみになってしまいました。

とりあえずプールサイドで疲労困憊の旦那氏の回復を待ってからホテルに戻ってまたビール・・・。
このベランダでぼけっとしながら(もしくは本を読みながら)ビールを飲むという行為がいたく気に入ってしまい、滞在中一番楽しんだことかもしれないな。

日没前にバギーに乗って夕陽観賞スポットに向けてドライブ。すでに夕陽を待つ人たちが集まっていて、思い思いにお酒を飲んだり、何か食べたりしてピクニックのよう。そこでもバーが立っていて飲みながら夕陽を待つのもいいなーと思ってスパークリングワインを注文。。
日本だとグラスでハウスワインがあっても赤と白の2種類だけで、スパークリングとなると高級品扱いなのだけど、こちらでは必ずリーズナブルなスパークリングワインがあって、ビールを注文するのと同じくらいの値段でサービスされているので、スパークリングワイン好きの私は「わーい」と叫んで、機会があるたびに頼んでいました。

夕食はプールサイドにあるレストランの週末だけのシーフードビュッフェ。牡蠣やら蟹やら海老やらをお腹いっぱいに食べたくせにデザートも当然のように食べてしまったので、もう動けない・・・。

ふうっ、長文になっちゃった。写真は後日必ず。
[PR]
by akicoms | 2006-03-07 16:32 | オーストラリア

ひなまつりデート

AUSレポートもままならないまま日々は過ぎて行きますが、休日はひなまつりデートということで、桜色の紬を着てCONRAD東京のレストラン「風花」のひな祭り弁当を食してまいりました。

浜離宮を見下ろす窓際の席を用意してもらい、ご満悦。

食前酒に梅酒が出され、先付に春野菜の白和え あと若布とと鯛の炊き合わせは出た後、三段弁当です。三段に重なったお重には紐がかけられていて、紐をほどくときのわくわく感といったら!
一番上の箱にはお造り、二番目には色とりどりの手まり寿司が9つ。三番目には揚げ物や焼き物やら、女の子が「きゃー」と叫びそうなかわいらしく細工がされたお料理がたくさん。

旦那氏は「どこがひな祭りなの?」と納得がいかないようでしたが、そんなクリスマスケーキのサンタクロースみたいに、お内裏様の細工物がお弁当に入っていても困るー。最後の御椀で、菱餅の形をしたしんじょう(蛤のしんじょうらしい)に胡瓜・人参・大根(多分)で3色が表現されていてこの控えめな演出にまた感激したりとか。
最後に桜餅みたいな感じの道明寺系のお餅を椿の葉の上に乗せた椿餅をデザートにいただいて、素敵なランチは終了。(一緒に出てきた煎茶の湯呑がとても素敵だったのだけど、熱伝導がよすぎて熱いのなんのって!うーん・・・)

CONRADのレストランの割にお値段がリーズナブルで、旦那氏のお腹を満たすだけの量があるとは思っていなかったので、「あとでラーメン食べるんだったらお店決めといてね」なんて言っていたのだけど、手まり寿司のごはんがけっこうボリュームがあったのでとりあえずラーメン屋には行くことなく、そのあと銀座散歩に繰り出しました。

「風花」はCONRADのジャパニーズダイニングで基本的に会席料理がいただけるのですが、すしカウンターや鉄板焼きのカウンターも同じスペースに併設されていました。
女性の給仕係の方はみな揃いのお着物をお召しだったのですが、あまりにも普通っぽくって私としてはちょっと残念でした。お客より目立ってはいけないのはもちろんだけど、もうちょっとセンスを発揮できる方法はあると思うんだよね。
[PR]
by akicoms | 2006-03-06 13:08 | おでかけ

Hamilton Island

我が家は旦那氏が、一年に一度必ず5連続休暇をとらなくてはいけないのですが、その休暇を利用して年に一度海外に行っています。
行き先は今のところAUS一辺倒で、私の訪豪回数はこれで5回目なのですが、ケアンズは初めて。

夜、成田を発って、次の日の朝4:00頃ケアンズ到着。
そこからハミルトン島に向かうのだけどトランジットに2時間以上。
国内線ターミナルで時間をつぶしながら食べたのは、名物(?)ミートパイ。

プロペラ機に乗ってハミルトン島到着に10:00過ぎに到着。まだホテルにチェックインできる時間ではないので、ホテルのシャワールームで夏服に着替えて、島探検にレッツゴー。
ハミルトン島内は基本的にリゾートが管理する送迎用のバスや業務用の車しか走っておらず、住民や観光客の足はバギーと呼ばれるゴルフカート。そんなに大きな島ではないので、中心部は歩こうと思えば歩けなくはないのだけど、坂がとても多くてあの気温の中を歩く体力はありません・・・。それにちょっと遠くに展望スポットなんかもあって、そこにはさすがに歩いてはいけない様子。また、一応バスは走っているのだけど、夕方なんかは混んでいる上に立って乗ることができないので、座れないといつ乗れるかわからないという状態のようなので、バギーをレンタル。(日本の免許証見せればOK。ないとダメみたい)そのあとちょうどよい時間に、ガイドつきでバギーに乗って島内を1周するというツアーがあったので、小1時間程参加。これで島内の地理は完璧!)それでもチェックインまでには時間があったので、ピザを食べたり、実弾射撃上で鉄砲を撃ったりして、少しずつ島の雰囲気を感じていきました。

多分グレートバリアリーフのどこの島もそうなのだと思うけど、一つの島全体が1オーナーの所有なので、島内どこに行っても宿泊先のキーを提示すれば、自動的に料金は部屋付けにできてチェックアウトの際、一括でお支払というシステム。ああいうリゾートで現金やらクレジットカードやらを持ち歩かなくてよいというのは本当に楽ちん。

チェックアウト後、ベランダでビールを飲みながら至福のひとときを味わい、せっかくなのでプールに行ってちょっと水に入ってあとはデッキチェアでごろごろしながら1日目は過ぎて行くのでした。(写真は後ほどUPします)
[PR]
by akicoms | 2006-03-03 18:51 | オーストラリア

帰ってきました

昨日の夜、帰国しました。今日は朝から通常出社です。
いない間にオフィスはレイアウト変更されていて(自分のところはそのままなんだけど)、ロッカーもどこへ行っちゃったの?という感じでちょっと新鮮でしたが、いろいろとあれしちゃダメこれしちゃダメみたいなものが増えていて、煩わしいったらありゃしない。まあそれは今まで我々が怠けてほったらかしにしていたことをきちんと実行するという行為だから、受け入れなければならないことなので仕方ない。

向こうでは焼けないように頑張ったつもりなのですが、行き先を告げていなかった人にも「どこか南のほうに行ったね?」といわれてやっぱりうっすらと日焼け顔らしい。確かにしみが濃くなった
ことはわかっているのです。やっぱりちゃんと美容皮膚科に行こうかな。

そんな感じで昨日は最低限の荷解きしかしていないので家に帰るのが憂鬱です・・・。
[PR]
by akicoms | 2006-03-02 16:02 | 日々のこと