横浜に住む働く主婦の日常


by akicoms
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

週末あれこれ

木曜日から南の島に出かけるので、今週末は家事三昧。

土曜日に洗濯機を3回まわして、日曜の朝もう1回お洗濯。
それから、お恥ずかしながらかれこれ半年ほどご無沙汰していたので、日曜の朝から美容院に行って7~8cmほどカットしてもらいました。今はカラーリングもしていないので、あっという間に終わって、家でひたすら掃除。

先週は忙しくって掃除はおろか自分の食事すら深夜のデニーズ・・・みたいな日もあったので家はしっちゃかめっちゃか。かなりイライラしていたのですが、掃除後は気分もすっきり。
その後、近所に外出していた旦那氏に連絡をとるもつながらないのでヨガに行っちゃいました。

ハーフプライマリーの時間に間に合わなかったのでビギナークラス。先生は代行みたいで初めての先生でした。マントラの節回しが全然違くってすごい衝撃!いろいろなんだなー。
アシュタンガが初めての人がいたので、スリヤナマスカラはすごくゆっくりのペース。慣れないカウントのとりかたになかなか合わせられなくって変に疲れてしまいました。
ビギナークラスできちんと基礎をやるのもよいけど、ハーフプライマリーも積極的に参加したほうがよいのかなーとも感じました。

一旦帰宅したんだけど、旦那氏が「今日は夫婦の会話をしていない!」と言い張り、ついでに今作っているプラモデルの塗料を買いたいなんて言い出したので、日も暮れてから池袋まで出かけました。西武の地下で閉店前の惣菜投売りを狙ってデラックス刺身なんかを半額で買って、ほくほくで帰りました。
[PR]
by akicoms | 2006-02-20 12:59 | 日々のこと

Desperate baton

rechargeさんからDesperate batonをいただきました。
意外と難しくって時間かかってしまいましたが、よかったらどうぞ。

1.あなたのお名前は?
akicoms

2.あなたの好きな色は?
ピンク♪

3.あなたの愛用コスメを3つ教えてっ♪
ここのヴィブランテシリーズ。石鹸とジェルが基本ですが、私は既に製造中止になった化粧水を在庫が切れるまで使用しています。
ジュリークのハーバルリカバリージェル(日本ではジェルアメリオーレって言うのかな)
バルガントンのフェイスパウダー

4.あなたの愛用ブランドを3つ教えてっ♪
好きなブランドはいろいろあるけど、愛用ってなると意外とないなー。
洋服で言えば
部屋着はユニクロ
通勤着はNATURAL BEATY BASIC
お出かけ着はANNA MORINALI

5.あなたの好きな異性のタイプは?また、あなたにとって恋愛とは?
つい惹かれてしまうのは、頭がよくてえらそうな人。
わかりやすく典型的な例を挙げるとドラマにおけるキムタクみたいな感じ・・・
恋愛は私には向いてないです。はまりやすいので中毒になりやすいというか・・・。
(←えらそうな人と恋愛しようとするからです)

ちなみに配偶者はえらそうな人ではないので、結婚生活は幸せ。

6.あなたの好きなお友達のタイプは?また、あなたにとって友情とは?
頭がよい人。(=常に相手の気持ちや状況を思いやることができること)
友情とは・・・「こういうもの」って限定できないもの。
いろいろな形があって、良くも悪くも一緒に過ごした時間の結果。
(あー文章下手だな・・・)

7.あなたにとってDesperate(欲しくてたまらない)なものって何?
強くしなやかなココロとカラダ

8.次にバトンを回すあなたの大好きな人たちを5人教えてっ♪
もし、これを見ておもしろそうって思った方!拾っていっていただけるとうれしいです。

9.このbatonを受け取ったブロガーちゃんのお名前
rechargeさん、いつかお会いできますように。
[PR]
by akicoms | 2006-02-16 14:20 | 日々のこと

1日遅れのバレンタイン

今週は風邪をひくわ、忙しいわでなんだかさえない1週間。

バレンタインデー当日も残業だったので、昨日遅ればせながらのチョコレートはトイスチャーのシャンパントリュフ。旦那氏が「わーい」といって無造作に口に放り投げたあと「一粒¥300だよ」と言ってあげたら戻しそうに(失礼)なってました。

おいしかった!(←もちろん私も食べました)
[PR]
by akicoms | 2006-02-16 12:46 | 日々のこと

BRAUN Multiquick

前から欲しかったブラウンのマルチクイックを遂に購入しました。
バータイプのフードプロセッサーで、ブレンダー(つぶしてまぜる)・チョッパー(みじん切り)・ミキサー(泡立て)の機能がついていて、ビックカメラで9,800円でした。
お友達のリクエストなんかでいくつかプレゼントしたことがあって、評判もよかったのですが、バーミックスと迷っていて、なかなか購入にまで至らなかったのです。

早速かぼちゃとにんじんのポタージュスープに挑戦してみました。
私の作り方は、タマネギとにんじんを粗みじん切りにして、バターとオリーブオイルで炒めて、解凍した冷凍かぼちゃを適当に切ってさらに投入。そのあとひたひたの水を加えてちょっと煮込みます。かぼちゃでとろみがつくので小麦粉は入れません。
そのあと、今まではお鍋で煮込んだものをミキサーに移してがーっとやってから、またお鍋に移して豆乳を加える・・・という作業が必要だったのだけど、こちらはお鍋にブレンダーをつっこんでがーっとやればいいので非常に手間いらず。ちゃんとつぶれるかなーとちょっぴり心配もしていたのですが、お鍋の中でぐるぐる回してまんべんなく行き渡るようにすれば大丈夫。とってもなめらかなペースト状になりました。
ミキサーを使わないと洗い物も減るし、本当に素晴らしい!

ちなみに、使ったにんじんは先日もらったらでぃっしゅぼーやのお試し野菜。包丁を入れた瞬間ににんじんの匂いがぱぁっと広がってむせるかと思った。(←実はにんじん苦手なお子ちゃま)でも栄養つまってそうでよい感じ。

次はほうれん草とトマトのカレーとか、かたまり肉をミンチにしてハンバーグとか作ってみたいなー。とりあえず、あまった野菜は何でもポタージュだ!
[PR]
by akicoms | 2006-02-07 18:29 | 日々のこと

乾杯♪

c0071183_962498.jpg昼休みに旦那氏から電話があって、「ちょっといいこと」がありました。今晩はどこかレストランかダイニングバーで祝杯かなー?なんて思っていたところ、やはり帰り際に彼から電話があって、「今日は家でごはん食べるけど何時に帰る?」とのこと。ははーん、これは何か企画するつもりだなと思って、早めに帰宅。(多分金曜日だし、めぼしいところの予約はとれなかったのだろうよ)
家で待っていたものは写真のMOETとチーズや生ハム、そしてデリバリーの特上寿司でした。
わーい♪(写真は飲み散らかしたあとのものなのであまり美しくないのですが・・・)

ちょっぴり私の生活も変わるかもしれません。
[PR]
by akicoms | 2006-02-04 09:19 | 日々のこと
何だかんだ言いつつビクラムヨガ3回目。
初回は瀕死の状態だったのだけど、2回目からは余裕でした。
「うるさい・・・」と感じていたインストラクターの声に対してもまんまと乗っかっちゃって「極限に挑戦!」みたいなノリになってきたし、無理めのポーズにも果敢に挑戦しちゃったりして。
自分のコンディションはそんなに違わないつもりなのにどうしてだろうと思ってインストラクターに聞いてみたら、初めの頃より湿度を下げているそうだ。というか初めの頃はちょっと上げ気味だったらしい。今日は特に「もっともビクラムっぽい環境」とのこと。ほっといたしました。

正直言って私としてはこれはヨガではないような気がしているので(だってメンタル面に働きかける要素がないんだもん、あるのかもしれないけど・・・)、エアロビクス感覚。少なくとも変なエステでフェイシャルをしてもらうよりは、お肌の調子はいいので、そう考えるとコストパフォーマンスもまあまあかな。これでダイエットできれば言うことなしですわ。

やっぱり全てが終わった後にシャバアサナを2分ほどするのだけど、インストラクターは「最後のシャバアーサナはとても大事だからきちんとやって下さいね」と言いつつ「お急ぎの方はどうぞご退出下さい」と配慮するもんだから、はっきり言ってきちんとやってた人はほとんどいないんじゃないかな。みんなそそくさと退出→シャワー。それがなんともおかしかったです。私はいつも21:00からのクラスに出ているから余計にそうなんだと思いますけどね。あと時間内に終わってないし。
私はシャワー争奪戦に参戦する余裕はないので、シャワーなしで眉毛も描かずにこそこそ帰宅です。外を歩いているときは暗がりだからいいのだけど、地下鉄の駅や社内は本当にいたたまれなくって、仕事帰りだから洋服はちゃんとトレンチコートなんか着ちゃっているのが余計にみっともない・・・。
[PR]
by akicoms | 2006-02-03 14:15 | ヨガ

ハーフプライマリー

年末にヨガから遠ざかっていたため、年が明けてからも初心者クラスでお茶を濁し、ベーシック・・・じゃなくってハーフプライマリークラスはは怖がって参加していなかったのですが、重い腰を上げて行ってまいりました。先生は私の顔なんておぼえてやしないだろうと思っていたのですが、「ベーシックは久しぶりでしょ」って言われてばれてました。

ティップネスの中のクラス=ティップネスの会員しかこない=みなさんとても仲良しそうで、ヨガも上級者っぽくって、はじまる前は結構緊張していました。でもいざはじまると、できないものはできないものとして、それなりにちゃんと動けたし、マリーチアーサナCがアジャストしてもらって自分で組めたし、ヘッドスタンドも壁に足をつけながら初体験できたし、とてもとても充実した時間でした。

先生の言葉はいちいち深く頷けるものがあって、
「先生によって教え方が違うことに戸惑いはあるかもしれないけど、そのときそのときで自分にあっているものを取り入れていって、いらないものは捨てていけばいい。それでもそのとき捨てたものが時間がたつと必要なものになることもあるし、その逆もある。そうやって吸収していって成長していくものだし、そしてそのとき自分にあっていると感じるもの、あっていないと感じるものの原因が何なのか、自分に問い掛けてみるのも大事、そうすると自分が見えてくる」ということでした。感動。
「先生の言うことだから」って全てを受け入れなくてもいいんだ。
実は今までにもときどき先生の言うことに違和感を感じることがあって、違和感を感じる自分をネガティブにとらえてしまって「もっと心を大きく持たなくては!」ってプレッシャーをかけていたようなところがありました。今までも時々「いらないものは取り入れなくてもよい」って言われたことはあっても、あまり自分の中にすーっと入ってくることがなかったのだけど、今回はその後に続いた話にも膝を打ちっぱなしですんなり受け入れることができたのだと思います。

それで、教え方にも大きく2つあって、たとえばシッティングで前屈するアサナで前屈するときに、西洋的(○○派って言い方していたのに忘れちゃった、西洋的な整体学みたいなものがベースにあるようなニュアンス)な教え方の先生だと「骨盤はきちんと並行に保って前屈するのが大事」となるし、東洋的(エナジー派って言い方してた)な教え方の先生だと「たとえお尻が動いて骨盤がそろっていなくても、バンダのエネルギーでぐーっとあごをつけていくことが大事」という感じになるというようなことを説明してくれました。
私は多分西洋的な考えに違和感を持つタイプのようで、以前参加したクラスでもアルダ・バッダ・パドモッタナ・アーサナでみんなでがうまくできない(まず手で足をつかめない)のでどうにかできるようにしようと直前にストレッチを念入りにしてみたり、いろいろ試行錯誤でやってみるのだけど、そうそうみんながすぐできるようになるわけじゃないのに、できないことに対してかなり「どうして?」っていう雰囲気になってしまっていました。(そしてその原因を今すぐつきとめなければ!って感じ)私は別にそれでもかまわないし、練習を積んでいってバンダがわかるようになったらいつかはできるようになるんじゃないかなーって思っていて、他の方も「他の先生にはできないうちは無理しないで練習していつかできるようになるって言ってました」って言ったら「それじゃいつまでもできるようにならなくてつまらないじゃない?」という先生の言葉にうんうんと深く頷いている人も多くって、私としてはけっこうカルチャーショックで、以来悶々としていたりもしたのです。

でもとりあえず自分はなぜそう思うのかということを考えてみたら、一つの原因に突き当たりました。私は学生時代に弓道をやっていたのですが、やっぱり東洋思想の中で育ったものなので、丹田(ウディヤナバンダ?)なんて常に意識しろって言われていたし(できていたのかどうかは疑問)、天地左右に無限に伸びろだの言うし、他にも先輩OB曰く「人間工学的にはむちゃくちゃな」ことばっかり教本にには書いてありました。でもそれをけっこうすんなり受け入れて練習いていたのです。そして弓をひくのは的に中てることが目的ではあるのだけど、的に中てるために練習するのはよくなくって、とにかく正しい姿勢で正しい作法を身に付ければ、矢なんて自然と的に向かって中たるものなのだから絶対に「中て」に走ってはいけないものでした。無心でひたすら正しい作法を身につけることが第一だったのです。(もちろんそれは頭で考えていることで実際には「中てたい・・・」と絶えず思っていましたけどね、「アサナがうまくなりたい」と思ってしまうのと同様に)
だから、ヨガのレッスンでまずはじめにアサナが上手になるためにどうすればいいのかってうことを考えることはどうも受け入れ難く(もちろん家でテレビ見ながら股関節だけストレッチしたりはするけれど)、「無心に練習していればおのずとできるようになる」っていう考え方が基本になっているのです。もちろんやみくもに練習したってダメで、正しい練習の仕方っていうのは前提だけれども。そのための先生だし。

そういうわけで私には特ににそういう考え方がしみついてしまっているので、ストレスを感じながら受け入れる必要もないよな、と思ってすっきりいたしました。でもいつかそんな状態に物足りなくなったりする日が来るのかもしれないけど、そのときはまたその先生のところに行けばいいわけだしね。

ごたく並べてないで、とりあえず練習だ。
[PR]
by akicoms | 2006-02-02 13:10 | ヨガ