横浜に住む働く主婦の日常


by akicoms
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ふぅ

やっと、年末大忙しモードから開放されました。「娑婆に戻ってきた」って感じ。
ヨガもしてないし、クリスマスの準備もしてないし、ブログの書き方も忘れちゃったけど、
少しずつ元にもどそうっと。
[PR]
by akicoms | 2005-12-21 18:23 | 日々のこと

休日出勤中

お仕事してます。(正確には今はサボっていますが・・・)

昨日も出勤して夕方あがって、教室に直行して急いで着替えて先生業→そのまま会社に戻ろうと思ったけど、今夜はいったん閉めるというので帰宅→起床→出勤・・・現在に至ります。
いったん閉めるはずが、リーダーが家に帰ると二度と起きれなくなるかもしれないということでやっぱり泊まってました。
今日も早くあがって帰宅→着替えてお教室の忘年会の予定。
何やってんだか・・・。

こんなになるまでも今月に入って親会社の意向で厳しい残業規制が布かれ、このくそ忙しいときにノー残業デーだと言って19:00とかに帰らせられて、いい加減このままじゃまともに納品できない!ということでリーダーが「これ以上残業できないとなると、納品が間に合わないし、納品できたとしてもものすごいミスが発生する可能性があるけど、そうなった場合損害賠償と言ってくるお客様もいると思うけど、当然その用意はあるんでしょうね!!」と詰め寄って、ようやく認めてもらえたという状態。

私は人様の会社の人事部にあれこれ言うお仕事に関わっているので、自分が雇用者として「おや?」と思ったことでも人事サイドから考える視点も持つように常に意識しているので、その「残業を減らせ!」という会社の命題に対して、このくらいドラスティックにやらないと結局変わらないというようなことも一応わかるのだけど、今回の措置はあまりにも現場を理解していないやり方だし、(もちろんマネジメントがすべてを理解している必要はないけれども、)、減らすなら減らすである程度の事前対策も必要だというのにそれも何もなく、問答無用で明日から残業ダメだから、では、社員のモチベーションは下がるわ、サービスの質は下がるわ、メリットはないに等しいのではないかと思いますけども。

・・・書いていたらまた頭に血がのぼってきちゃった。
とりあえず仕事しよう・・・。
[PR]
by akicoms | 2005-12-11 12:28 | お仕事

銀座散歩

このところ仕事が忙しくってまともな時間に帰っていない&土曜も出勤だったので、ヨガはお休みしています。
今日も午前中はごろごろと過ごして、お昼から出かけました。
かねてより新しいコートが欲しいと言っていた旦那氏と、2ヶ月も前に誂えた着物を引き取りに行かなくてはならない私の目的が一致したので行き先は銀座。

まず彼のお気に入りのブランドのフラッグショップまで行ったものの、最近デザイナーが変わって今流行の「ちょい悪おやじ」路線になってしまったので、(あるデザインのコートについて「これは『LEON』に載ったのでもうこれ一点しかないんですー」とか言われた)トラディショナル好みの彼はお気に召さずにすごすごと引き下がり、結局松屋銀座の吊るしものの中から購入。
予算よりかなりリーズナブルだったということと、お店のリサーチやらその間の店員とのやりとりをほとんど元アパレルOLだった私に押し付けたことで、少しは殊勝な気持ちになった彼が、めったにお茶になんか付き合わないのに、そのあと「アンリシャルパンティエ」でのお茶に付き合ってくれました。彼はシャンパンを使ったカクテルとシュー生地を使ったデザート(仏語でデセールって言ってみる?)。私は、青りんごを使ったムースのデザートとオレンジやなんとかベリーなどのフルーツは入っている紅茶をいただきました。うふふ、おいしかったれす。行きたい行きたいと思っていたのだけどいつも場所がうろ覚えだったために「また今度ね」ですませていたのですが、今日は時間があったので教文館にあるガイドブックを立ち読みして場所を確認して行ってみました(←最低)。店内は基本的にはヨーロッパのクラシカルな感じなんだけど、ショッキングピンクなどの色を使っていて、あの黒の中の極彩色ってモダン上海って気もする。とにかく「非日常を味わう」と言う点ではいいかも。化粧室も「え、ここなの?」って外観。

c0071183_22234264.jpgそのあと、「素敵にできあがっています」電話を見事に無視して2ヶ月が経とうとしている着物をとりに「銀座もとじ」へ。雨だったので、ものすごく念入りに梱包してくれて恐縮の限り。着物は小紋でこんなの。八掛け(表にちょこっと見える裏地と言えばいいのかな?)は黒を薦められましたが、それはもっと年がいってから仕立て直すときにとっておくことにして、煉瓦色にしてみました。来週予定されているあるお食事会に着ていく予定です。(コーディネートに迷って実は昨日帯まで買ってる・・・)もうすでに支払い手続き(10回ローンだ、ふん)は済ませてあったので、旦那氏の「今日はいろいろお世話になったから僕が払ってあげるよ」なんていうありがたい申し出も断ったけど、彼にはあの着物がいくらしたのかは絶対内緒です。
[PR]
by akicoms | 2005-12-04 22:10 | おでかけ