横浜に住む働く主婦の日常


by akicoms
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ヨガができる幸せ

日曜日のヨガクラスでも、23日の話題になりました。
どうやら先生(やっぱりアシュタンガについてはイントラではなく先生と呼びたいわ)方の中では、「23日のクラスは、整理券がもらえなくて参加できなかった人が多いから、その話をすると微妙な雰囲気が流れてみんな不機嫌になるからしないほうがいいということになっている」と言う話を聞いて笑いが起きました。先生は「その分私ががんばりますからどうか怒らないで下さいね」とコメントして、また笑いが・・・で、やっぱり「EASYなのにちっともEASYじゃない」って話にもなったそうなんですけど、ケン先生は「アシュタンガヨガはあれ以上簡単にはできない!」と断言したそうです。なんかそれもまた笑いが・・・。でも素敵!

日曜日のクラスは、私の精神状態によってそりゃもう今回はいい感じでした。しばらくヨガができなかったために「どんな状況でもヨガができることはありがたい!」というような心境になっていたためだと思われます。アジャストの間の空白のカウントの間も「もう何カウントでもやってやるとも!」くらいの勢いでした。なんだかなー。
汗もたくさんかきましたが、シャワーを浴びずに帰りました。今までにもそんなことは何回もあったのですが、初めて「なんだかシャワーを浴びた後のようにすっきり爽快だ!」ということに気がつきました。アシュタンガの汗はよい汗だというのはこういうことなのかしら?
[PR]
by akicoms | 2005-11-28 16:09 | ヨガ

すっきり!

やっとヨガにありつけました。
でも、朝ぐずぐずしていたら、九段下の10:30には間に合わない時間になってしまったので、池袋の昼からやっているクラスに行くことにしました。

このクラスは前に一度出たことがあるのだけど、入門の1だし、そのときも多分スリヤナマスカラだけだったような気がしていたので最近はまったく眼中にありませんでした。でも今日は3週間ぶりのヨガレッスンだったし、まだまだスリヤナマスカラも満足にできないのにベーシックに出ててもいいのかなーなんてうじうじと思っていたところだったので、いいかもなーと思って出てみました。23日のケン先生のクラスに出た人たちが「アシュタンガいいかも!」と思ってたくさんいたらどうしようかと思ったのですが、そんなこともなくどっちかというと「すいてた」って感じでよかったです。
その中で23日のクラスの話もしていたのだけど、「EASY]って銘打ってあるわりにどうやらスタンディングポーズまでやったらしくって「ついていくの大変でしたー」て参加された人が言っていました。

初めての人もいたので、呼吸法とスリヤナマスカラは比較的丁寧に説明があったのですが、
それでもAとB5回ずつもやらなかったかな、3回くらいで、スタンディングポーズまで行きました。最後の連続ポーズはやらなかったけど、一応フィニッシング(ロータス組んでやるものとウトプルティ)もやりました。私としてはすごくよいメニュー!(実は連続ポーズがあまり好きじゃないの・・・)
3週間ぶりだった割には体は軽くって、あーこれが皆さんのおっしゃる「間があいたほうが調子がいい」ってやつだなーなんて思いながら、気持ちよく体を動かせました。ウトプルティなんかは多分今までで一番持ち上げた状態を保てた気がするよ。9カウント目でいったん落ちちゃったけど。
終わったあとはヨガをしたっていう達成感で幸せな気分でした。
来月に入っちゃうと仕事で週末すら休めるかどうかも危ない感じなので今月(つってもあと4日だけど)は頑張って行きたいなー
[PR]
by akicoms | 2005-11-26 23:46 | ヨガ

うえーん

もう2週間以上ヨガをしていません。
まあ、仕事やら他の予定やらお月様の都合を考えると、ここまでは想定の範囲内でした。
今週になって、少しは時間ができるかな、祝日もあるし、なんて考えていました。

ところが、月曜日に旦那氏にある事件が起こってかなり落ち込んでいたために、なんとなく月曜日もまっすぐ家に帰って、火曜日は休みの日だからっことで一晩中カラオケで歌いまくっていました。(朝帰りなので23日午前中は寝て過ごす・・・)

23日こそ行くぞ!と思っていて、前日フィットネスクラブのスケジュールを確認したら夕方に祝日イベントクラスとしてケン(もちろんハラクマ)先生の「アシュタンガEASY」というクラスがあるっていうじゃないですか!これはなんとしてでも行かなくては!と思い、整理券クラスだというので、早めに行くことにして、待っている間についでにゲルマニウム温浴の予約をして行きました。(クラブ内にあるのです)
ゲルマニウム温浴が終わった時間だと整理券を配るぎりぎりの時間なのだけど、まあ大丈夫かなーという読みが甘かった!嗚呼、甘かったのです・・・。

いい汗かいたなーなんて思ってフロントに行くと配布時間より5分OVER。それでも大丈夫かなーっと思って、スタッフに聞いたら「もう配布し終わってしまいましたー」との返事!!!
目の前が真っ暗になって、(でもスタッフにはお愛想笑いまでして)とぼとぼと更衣室に帰りました。でもどうしても帰る頃には、仏頂面が抜けず無言でフロントを過ぎ去る私・・・。

ゲルマニウム温浴だって実は初めての経験で、もっと感じることはあったはずなのにもうそれどころではなく、家に帰っても落ち込みまくり。反省しなくてはいけません。

今日になってもショックが抜けてません・・・くすん・・。
[PR]
by akicoms | 2005-11-24 20:24 | ヨガ

秋の休日

母が神楽坂に用事があるというので、一緒に付き合っておでかけ。
午前中にその用事をすませてCANAL CAFEでランチ。前から行きたいなーと思っていたのだけど、なかなか機会に恵まれず、初めて行きました。
水辺に広がるテラス席が想像以上に広がっていて圧倒されちゃいました。あまり日本にはない雰囲気にご満悦。右側はセルフサービスのカフェ&バーコーナーになっていて、こちらも今度来て見たいなー。東京は紅葉がこれからなので、「紅葉がとてもきれいでした!」という報告はできないのですが多分美しいだろうなー。あと桜の季節もよさそうです。混んでいるのかなー。
とにかく、やっぱり屋外で自然に囲まれて食事をするのはよいものです。
ランチメニューはサラダバー(ちょっとした前菜も!)とドリンクバーがついていて、メインにパスタやカレーやピザを選ぶもの。私はグリーンカレーをいただきましたが、まあまあ、よかったです。サラダバーで欲張ってしまったみたいで、結構おなかがいっぱいになってしまいました・・・。

そのあと、てくてく歩いて小石川後楽園へ。繰り返しになるけど、東京の紅葉はまだこれからなので、ベストシーズンではないものの、ここはやっぱり美しいですよね。私は何度か来ていたのですが、初めてだった母にとっても、シーズン直前だったので多分人もいつもよりは少なかったみたいで、静かな時間を過ごせてよかったです。
あの中には小さな田んぼがあって、毎年文京区の小学生による田植え→収穫がされているようですが、そんな試みがされているのを知ることも大切だなあなんて思ったり。
紅葉シーズン本番の来週あたりは「紅葉まつり」みたいなイベントがあるようです。

そのあと、一応「観光案内」っぽく東京ドーム周辺を歩いて、東京ドームホテルでお茶して解散しました。今年は東京ドームシティ全体のイルミネーションに気合が入っていて、(最近は毎年どこも気合が入っていますが・・・)「マンダラドーム」なるものが出現するらしく、どれなのか探したりするのも楽しかったです。(昼間だから光はわからないのだけども)

しかしこういうところに来ると「やっぱり東京にいるとお金がないと楽しく暮らせないのかなー」なんて思っちゃいますね。こういうところに来ているみなさんがその場所でどれだけお金を使っているのかとは別に「あー、あれも楽しそう!これも楽しそう!でもお金がないよー」って気分にさせられてしまう気がして・・・。
[PR]
by akicoms | 2005-11-21 12:09 | おでかけ

ボジョレーヌーボー

一応世間では解禁ということで騒いでいるので家でひっそりヌーボーパーティーをしました。
本当は私が早く帰宅して料理も作る予定だったのですが(メニューも考えてあったのに!)、仕事で予定通りに行かず、結局ワインも料理も旦那氏に用意してもらいました。家に帰ったらすべて丸ビルで調達したであろうワイン(明治屋)、と惣菜(RF1と福臨門)が待っていました。とりあえず「わーい!」
ワイン好きではあってもけっして通ではないので、はっきりいって味を楽しむとかそんなレベルの話ではないのですが、クリスマスと一緒で本来の趣旨なんかは一応頭には入れておいて、目的は日々忙しい毎日を送っているので、とにかく口実を作って大切な人と有意義な時間を過ごしたいわねという考えでなんとなく毎年はりきっちゃってます。(昨年は旦那が海外に長期出張だったのでできなかったし・・・)
食べ物は適当なものだったのですが、旦那氏の取引先(なのかな?)のオランダ人からいただいたチーズがとてもおいしくって、今もPCに向かいながら食べてます(お行儀悪いな)。
明日の朝はたまたま二人とも客先に直行なのでほろ酔い気分でなんとなくのんびりしているのも心地よいです。(私はクレーム処理で怒られに行くんだけどさ)
やっぱりワインって特別な飲み物だなー。他のものではこうは行かないと思います。
[PR]
by akicoms | 2005-11-17 22:45 | 日々のこと

吉例顔見世大歌舞伎

久々の歌舞伎観賞。

江戸時代の歌舞伎というのは11月からが期首(?)みたいになっていたらしく、それぞれの芝居小屋が契約(っていう概念が当時あったのかわかりませんが)した役者さんを総出演させて、これからの1年はこの役者で頑張りますのでどうぞよろしく、みたいな意味で「顔見世興行」というのを毎年11月に行うのが慣習になっていたようです。他にも演目が決まっていたりという決まり事もあったらしいです。現代はそんな本来の役目はなくなってしまいましたが、それでも11月には顔見世っていう慣習は残っていて、いつもよりも演目や役者がちょっと豪華、みたいな雰囲気になっています。正直なところ、東京の歌舞伎座は毎月豪華だから、顔見世だからって特に・・・って感じですが、京都の南座なんかは、東京よりももっと「いつもと違う感」は強いみたいです。

私は観に行ったのは昼の部。
印象に残ったのは『息子』と『文七元結』。

『息子』は初めてみたのですが、短い芝居の中で、親子の情が描かれていてほろっとしちゃったな。「ビックになってやる!」とか言って故郷を飛び出したものの、結局バイトも続かず、友人のところを転々としているような生活。だけどそんなこと故郷の親には言えずに連絡をするときには調子のよいことばかり言ってしまう。そんなだからだんだんと連絡は途絶えがちになっていく。親は都会で忙しく立派にやっているんだろうと思って、連絡がないのも仕方ないと思っている。いよいよ生活が立ち行かなくなった息子が、故郷に帰ってみると、人づてに既に母親は死んでしまい、残った父親が一人さみしく暮らしながらも、自分のことをとても誇りに思っていて人にも自慢しているようだということを知ってしまう。息子は帰るに帰れなくなり、結局父親には会わずに故郷をあとにしていく・・・って感じの話。
息子役の染五郎よかったよー!

『文七元結』は何度か見ているにも関わらず、今ひとつ内容があやふやだったのですが、(それだけ印象に残っていないってことです)今回はとてもよかったです。
悪い人じゃないんだけど、ついつい博打に明け暮れる父親、そのために貧しい生活を強いられている母親とは喧嘩ばかり。そんな家の窮状を見かねて、自ら身を売ってそのお金で両親が仲良く暮らせるようになれば・・・と身売りを願い出た娘。その娘のけなげさに心を打たれた遊郭の女主人が父親に50両を貸し、そのお金で借金を返せという。大晦日までにまじめに働いて借金を返せば、娘はそのまま家に返しましょうということで話はまとまる。ところが、その帰り道、父親は、店の掛取りに出かけたある店の手代が、もらったお金をすられてしまい、このまま店には帰れない、このまま川に飛び込んで死ぬというところに出くわし、同情した父親は結局借りた50両をその手代に渡してしまう。結局振り出しにもどった父親。そのせいで母親と大喧嘩としているところにその手代とその主人がたずねてくる。すられたと思ったお金は結局お客のところに忘れただけだったので、50両は返しにきましたということに。おまけにその手代と娘は結婚してめでたしめでたし・・・。
というざっと聞いてしまえば、はあ、だから何?ってところだけど、その演出の中で笑いあり、涙ありで見ごたえ十分なのでした。だれも悪い人がいないという設定の中、やきもきしつつもハッピーエンドなお話にちょっと癒されちゃいました。
やっぱり幸四郎はおもしろいなあ。

歌舞伎の筋って、結構この世の不条理だとか、悪人の残酷さだとか、そんな話が多く、こんなハッピーエンドはめずらしいくらいのもんですが、よかったな。
なんか疲れてるのかな。
[PR]
by akicoms | 2005-11-15 19:43 | おでかけ

表参道

今週末はヨガはお休み。
土曜日は転職してしまった元上司主催のパーティーが青山であったので、きものを着ておでかけ。会場は表参道駅の近くだったのだけど、原宿駅から向かいました。表参道はいつでも素敵な場所だけど、秋から冬にかけて銀杏が主役になるこの季節は特に素敵なのでわざわざ遠回りをして表参道を歩きたかったのです。
ただ、ちょうど今は同潤会アパートがあったところで大々的に工事をしていたので、なんとなく落ち着かない雰囲気で、失敗した、反対側を歩けばよかったと思いましたが、落ち葉をわざと踏みしめるように歩いたりして子供の頃に帰った気分でした。また、私が通っていた大学の構内は銀杏の木に囲まれていて、この季節はものすごい落ち葉で埋め尽くされたのですが、それが学園祭の季節に重なって、秋の深まったなんとなくさみしい気分とクリスマス・年末を控えて浮き足立った気分の入り混じった不思議な感覚を思い出して、なんとなく感傷的になったりもしました。

パーティー自体は、元上司を中心にした新しい人間関係の交流を!みたいな趣旨のものだったのですが、今の会社の人もたくさんいて、にわかに他部署交流会になってしまいました。ちょっと反省しているのですが、今回の会社のM&Aに関して、目の前の仕事をしているだけではわからなかった情報交換ができて、思いがけなく今後のことを考えさせられるきっかけになってしまいました。 うーん・・・。
どちらかというとそのパーティーでは、本業よりもきもののことをウリにして立ち回っていたので、それをきっかけに話が弾んだりしたりもしたのでそれはそれでとても有意義でしたけどね。
[PR]
by akicoms | 2005-11-14 15:02 | 日々のこと

少々お疲れ

今週末も行きましたともよ!ヨガに!

土曜日の午前中は九段下。
肩が痛くってスリヤナマスカラでジャンプバックするたびに「い、痛い・・・」と心の中でうめきつつ、なんとか終わらせ、スタンディングポーズに入ってほっとしたりして。
片足をロータスにして前屈するポーズ(名前忘れた)が全然出来ずにちょっとがっかり。

私は、腿の後ろから膝にかけてと腰ががっちがちなので前屈系は全滅(スリヤナマスカラでもかかとはまだつきませーん)、おまけに肩から首にかけてもがっちがちなのでとにかくシッティングにはいると出来るポーズはほとんどありません。
(そこまでがちがちで何ができるんだよーって感じですね。書いてて悲しくなってきた・・・)
が、先生の頑張ろうって雰囲気に背中を押されて、やっている間はたとえ全然出来なくてもとても前向きな気持ちになれます。この日はチャクラーサナにスポットをあてて説明がありましたが、首がカタイ私はいわゆる「鋤のポーズ」でも足が床につく?つかない?どっち?みたいな感じなので、ほえーっと見ているだけでした。(一応もぞもぞしてはみたけど・・・)
それでも「いつかは私も!」という前向きな気持ちは持続しているので、気持ちよく通っているのですけどね。

日曜日の午前中は池袋へ。もうダメでした。
精神的にダメって感じでよれよれ。
スリヤナマスカラはかろうじて頑張ったけど、スタンディングに入ってからは、一応ちゃんとやろうという気はあるのですが、この日は特に先生がアジャストに入ることが多くて(私がそう感じてしまっているだけかもしれないけど)、カウントに入るまでに5回呼吸しちゃってるよ!みたいなことがあってイライラ気味。だから他の人のアジャストの間は怠けたりして本当に最悪でした。
ただ!そんな状況なのに土曜日にできなかった、片足をロータスにして前屈するポーズでは左右とも足の親指が掴めて(それまでは中指とか薬指とかをかろうじて掴んでいました)前屈できました。すごーく嬉しかった!でもダメ・・・。
この日の精神的不調の原因は、私の個人的な事情が原因でもともとイライラしていたってことはわかっているのですが、結局家に帰ってからもイライラはなおらず、ごろごろしていたらいつのまにか眠ってしまい、起きたらもう夕食の時間。でも外は雨が降っているし、とにかく何をするのも面倒になってしまって、旦那氏もいらないって言うので結局夕食はとりませんでした。(というか彼は食べたいんだったら自分で用意してる)
何だかあまりぱっとしない1日でした。
[PR]
by akicoms | 2005-11-07 18:39 | ヨガ

こんな休日

午前中の九段下のベーシックと池袋のアシュタンガではないヨガクラスと迷って結局池袋へ・・・。(ミストサウナに惹かれてしまったのよー)

「SLOW FIT YOGA」っていうオリジナルのクラス。アシュタンガをはじめる前はこのクラス中心に受けていたのですが、「SLOW」とついているからってリラックス系だと思ったら大間違い。
「FIT」の方に重点がおかれていると思った方がよいくらいで、スリヤナマスカラを何度かやって体を温めてから三角系のポーズをいくつかやってぎりぎり絞られます。体をねじってウエストシェイプよー!みたいな。そのあとまたスリヤナマスカラをはさみつつバランス系をやってまたスリヤナマスカラ・・・って感じかな。内容は先生によって若干違うのだけど、はじめの頃はこれでも本当にきつかったし、ダウンドックはお休みポーズなんて言ってるけど全然お休みどころではなかったよ。最近はアシュタンガで多少鍛えているので、じんわり汗をかく程度でよい感じ。
今回の先生は初めての先生だったけど、とてもよかった!このクラスをしている先生はおそらくヨギーニっていうよりは、エアロビのインストラクターなんかをやっていて、ヨガも勉強しました、みたいな方が多いようなので、正直なところ変なサービス精神(私にとってですけど)による営業っぽいトークにちょっと違和感を感じることもあるのだけど、この先生はそういうことがなくってよかったです。
でもスケジュールみたら通常のクラスは持っていないみたいだったので、祝日の代行だったのかもしれません。残念ー。

そのあと一旦家に帰ってから、小石川の播磨坂途中にあるTanta Robaでランチをしました。(ワインも飲んじゃった!)前から行きたかったのだけど、いつも満席で涙を飲んでいたのです。
いくつかコースがあるのだけど、今回はピアットウニコ(¥1500)というおまかせのワンプレートランチ。一つのお皿に前菜とパスタとメインがのっかっていてボリューム満点!この日はミートクリームソースのタリアッテレとカジキマグロのソテー・あともう一つ魚のソテー前菜はトマトとモッツァレラとかクグリーンサラダとかその他ちょっとずついろいろ。(写真撮ればよかったー!)こういう「ちょっとずついろいろ」に弱い私・・・。料理が出てくるまえは旦那氏はどうせちょっとずつだろうからあとで松屋の牛丼でも食べようかなーと半分本気で言っておりましたが、そこそこ満足していました。(牛丼は食べなかったそうです)
播磨坂って他にも何件かイタリアンレストランがあって、イタめし天国。

そのあと大手町まで行くという旦那氏と、とりあえず後楽園までてくてく歩いて、私はラクーアでお買い物。大好きヴィレッジヴァンガードやレイジースーザンやLUSHをのぞきつつ、ユニクロでフリースの部屋着を買って帰りました。

「文京ひっそり生活」なんていうタイトルつけといてちっとも文京区っぽくないブログだったのでたまには地元情報でした。
[PR]
by akicoms | 2005-11-04 20:30 | 日々のこと

ムーンデイ

今日もベーシック♪なんて思っていそいそと会社を出て池袋へ。
更衣室で先生に会ったので挨拶したら今日はムーンデイだからいつもと違いますって言われて、心の中で後ずさりしてしまいました。ムーンデイはヨガはしないってこと、そりゃ知識としては知っていたけど実際に今日のお月様の状態は・・・なんていって毎日意識なんてしてなかったよー。参加者も少ないのかなーって思っていたけどそんなことなかった。

一応ムーンデーとはなんぞや?って話をして、それから、ヨガ的生活をしましょう(朝早く起きて、まずトイレに行って舌の掃除をして、それからヨガをして・・・・夜は炭水化物を摂らないようにとか、本当はこんな時間にヨガをやるなんてダメなんですけどね(20:30)とか)っていう話があって、さて、今回のムーンデイは何をしましょうか?なんて話をしていて特に質問もなかったので。今回のムーンデーは「シャドーヨガ」(って先生は言ってた)。
フィットネスクラブ内のスタジオなので、いつも当然太陽の光ではなく、電気の光の中でやっていて、電気を消すと暗くなることを利用して、スタジオ内を暗くしてヨガをする・・・というもの。そうするといかに自分がいつも視覚に頼っているか、そして視覚からはいってくるものに影響されて自分の体や心に入っていく深さが浅いことなんかに気がつくかもしれません。ということでした。
暗くした環境の中で、普通にナバーサナまで流しました。でもできないポーズがあっても頑張ってやろうとしないで、完成ポーズにこだわらないということで、アジャストも一切なし。できるだけ自分と向き合う・・・ということに重点をおいていました。
終わったあと先生が「どうでしたか?いつもと違いましたか?」って聞いていたけど、正直なところ私のレベルではいつもいつもとにかく流れについていってポーズを決めるのに精一杯だから普段との違いなんてあまり感じなかったけど、先生は「でも今日はいつもよりみなさんウジャイ呼吸を深く出来ていたような気がしました」って言ってました。言われてみればそうかも。いつもより周りは気にならなかったかもね。(でも私は流れがあやふやなのでつい周りをみてしまいました)でももうちゃんと流れも頭に(体に?)入っている人なんかはすごくいい環境だったんだろうなー。で、その状態をいつでもどこでも作れるようになったらマイソールスタイルでやるとすごくよいということを言っていました。そうかー。
私としてはムーンデイだから動かないのかなーって思ったけど、ちゃんと流して練習できたので満足です!(邪道)
[PR]
by akicoms | 2005-11-03 08:34 | ヨガ