横浜に住む働く主婦の日常


by akicoms
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブライスコレクション「伊藤若沖と江戸絵画」展

会社の先輩(というかよその部署のマネージャーなんだけど)に誘われて、「お着物を着て伊藤若沖@国立博物館を観に行くツアー」敢行。
伊藤若沖というのは江戸時代の画家で、明治以降国内で全然評価されていなかった間に外国にがんがん持っていかれてしまって、近年やっと国内でも評価され始めた・・・という日本美術界にありがちなお方。

有名な作品に、見た目は銭湯のタイルの壁に描かれているの?なんていう具合に作品一面に細かい升目が見えるのだけど、別にタイルに描いたわけではなくその升目は「わざわざ」描いているという気の遠くなるような代物。群がる人々を押し分けて実物を観てみたらただ単純に升目を描いただけじゃなくって、その升目一つ一つの中にさらに塗りつぶした升目を入れていたりしていて、もう卒倒しそうなほどの手の込みよう。

あと別の作品でニワトリを描きまくっていたりだとか、とにかくエキセントリックなイメージがあるのですが、この人の水墨画なんかは描き方がデザイン化されていてとってもかわいいの。というかあの時代にデザインっぽいものを描いていた時点でエキセントリックなんだけど。

で、伊藤若沖の他にも江戸時代の絵画の展示があって、琳派好きの私は酒井抱一や鈴木其一なんかの作品もみることができて大満足。また展示の中でおもしろい試みをしていて、たいていの展覧会というのは、白い壁に多少薄暗いとしても平板なライティングの中で観賞することがほとんどだけど、当時の日本建築の特色などを鑑みて「光」の取り入れ方の重要性に着目して、真っ暗な黒い壁の展示室にスポットライトのように作品に光をあててあって、特に金箔を多用した屏風なんかは金色がきらきら輝いてそりゃもう幻想的なの。また数は少ないのだけど、銀箔を使ってあるものなんかは金箔ベースのものとはまた趣が違ったりしてね。酒井抱一の作品に銀箔を使った有名な夏草図屏風があるのだけど、さぞかし美しいだろうなーなんて思いました。

その中で、私はとても素晴らしい作品に出会いました。たいてい何かの展覧会を観ていても、「ふんふん」といった感じで通り過ぎるものがほとんどなのだけど、たまーにものすごく惹きつけられていつまでもその前で眺めていたいと思ってしまうよう作品に出会うことがあります。ベースに貼られた金箔をもかき消すかのように一面に白梅と紅梅が狂ったように描き散らかされたもの。暗がりの中にうかぶ金・白・ピンクの色がすごく激しい何かを訴えかけてきて、例えて言うなら「風に舞って散りゆく夜桜」という印象。残念ながら作者不詳のようなのだけど、とても心を動かされてしまいました。

美術鑑賞なんてとても久しぶりだったのだけど、有意義な時間でございました。
[PR]
by akicoms | 2006-08-23 21:42 | おでかけ