横浜に住む働く主婦の日常


by akicoms
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

黄金週間

c0071183_2324591.jpg軽井沢へ。

プリンスホテルのショッピングプラザでお買い物・サイクリング・そして食べまくって帰ってきました。かなりハードなサイクリングのおかげで軽井沢に行ったのに日焼けしてくるわ、体重は増やすわあまり優雅じゃないなー。

今回とても印象的だったのは、レストラン「Hermitage de Tamura」。西麻布の「ラ・フェ・ドール」をクローズした田村良雄シェフが2000年に軽井沢にオープンしたお店。今軽井沢で一番予約がとれにくいということで有名だそうだ。私は知らなかったけど。
そもそも今回の軽井沢行きは義父の還暦祝いのためのものだったのだけど、義母のリクエストがこのレストラン。義兄に予約してもらったのですが、3月の初めに連絡して既にディナーは満席だったそうです。なので今回はランチとなりました。(でもメニューはどちらも同じなんだって)
林道の中にひっそりとたたずむお屋敷(もともとどなたか作家の方の別荘だったらしい)からマダムがわざわざお出迎え。我々は個室に通されたのですが、ガラス張りのメインダイニングルームに、脇にはカウンター席、そしてテラス席もあっていろいろなシチュエーションで楽しめそう。サービスも居心地の良い程度に気取っていなくて、行き届いていました(人によるような気もしたけど・・・)。そしてまずワインリストも充実しているのだけど、びっくりしたのはそのお値段。ものによっては同じものを都内じゃ倍で出してるね。そしてお料理も素晴らしいの!あまりに素敵すぎて写真を撮るなんていう無粋なふるまいはできませんでした。
なのでメニューを記録しておきます。もう思い出しただけでうっとり!
□海の幸のスープ仕立て、季節のハーブと共に
□トマトのエスプーマと団扇エビのフリット
□鮮魚のマリネを、春のサラダ仕立てにして
□新玉葱のフラン、トリュフの香り
□鮑のソテーに押し麦のリゾットを添えて
□山口県・萩から届いた白身魚の岩塩包み焼き、山菜のガレット添え
□仙台牛のローストとインカ芋のドフィノワグラタン
□本日のデザート
□食後のお飲み物
□小菓子
白身魚の岩塩焼きはまるまる一匹を我々家族のために焼いてくれて、かまの部分も別に取り分けてくれてそれもまたおいしいし、仙台牛のやわらかさといったら!ちなみにデザートは5種類から選べて、最後のプティフールは3色(赤黄色緑)のプチトマトのコンポートなんだけど、かわいかったー。

c0071183_23243911.jpg軽井沢にはこの時期に毎年行っていて、お買い物とサイクリングは必須項目だから大抵のところには行ってしまったのだけど、今回は初めて塩沢湖まで行ってみました。まだ桜が咲いていてお花見気分。ボート遊びやパターゴルフ、アーチェリーなんかもできてなかなか楽しめました。やっぱり水のある風景っていいですよね。

軽井沢プリンスのショッピングプラザは今まではウェストばっかり行っていて、それで満足していたのだけど、今回初めてイーストの方にもいってみたら、あまりに充実ぶりに狂喜乱舞した挙句に、結局合間をぬって3日間毎日通ってしまいました。帰りの荷物も大変なことになりましたが。

しかしあの施設のせいで、静かな軽井沢の雰囲気が損なわれてしまっているのかもしれないなーと思うと少々胸が痛くもなります・・・。本当にすごい人だもんね。

c0071183_23261015.jpgちなみに←は旧軽銀座のど真ん中にあるお洒落な蕎麦屋。シグニチャーメニューは天せいろと鴨せいろ。店内はジャパニーズモダンな感じでBGMはジャズ、店員は意味もなくイケメン(だと思わせる雰囲気)。夜は蕎麦ダイニングバー(?)って感じで一品料理も充実してました。当然夜の予約はとれず、昼間開店直後にいったので入れたけどお昼時は行列でしたね。お蕎麦はおいしかったです。おすすめ。蕎麦にしてはちょっとお値段するけどね。
[PR]
by akicoms | 2006-05-08 23:35 | おでかけ