横浜に住む働く主婦の日常


by akicoms
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Hamilton Island

我が家は旦那氏が、一年に一度必ず5連続休暇をとらなくてはいけないのですが、その休暇を利用して年に一度海外に行っています。
行き先は今のところAUS一辺倒で、私の訪豪回数はこれで5回目なのですが、ケアンズは初めて。

夜、成田を発って、次の日の朝4:00頃ケアンズ到着。
そこからハミルトン島に向かうのだけどトランジットに2時間以上。
国内線ターミナルで時間をつぶしながら食べたのは、名物(?)ミートパイ。

プロペラ機に乗ってハミルトン島到着に10:00過ぎに到着。まだホテルにチェックインできる時間ではないので、ホテルのシャワールームで夏服に着替えて、島探検にレッツゴー。
ハミルトン島内は基本的にリゾートが管理する送迎用のバスや業務用の車しか走っておらず、住民や観光客の足はバギーと呼ばれるゴルフカート。そんなに大きな島ではないので、中心部は歩こうと思えば歩けなくはないのだけど、坂がとても多くてあの気温の中を歩く体力はありません・・・。それにちょっと遠くに展望スポットなんかもあって、そこにはさすがに歩いてはいけない様子。また、一応バスは走っているのだけど、夕方なんかは混んでいる上に立って乗ることができないので、座れないといつ乗れるかわからないという状態のようなので、バギーをレンタル。(日本の免許証見せればOK。ないとダメみたい)そのあとちょうどよい時間に、ガイドつきでバギーに乗って島内を1周するというツアーがあったので、小1時間程参加。これで島内の地理は完璧!)それでもチェックインまでには時間があったので、ピザを食べたり、実弾射撃上で鉄砲を撃ったりして、少しずつ島の雰囲気を感じていきました。

多分グレートバリアリーフのどこの島もそうなのだと思うけど、一つの島全体が1オーナーの所有なので、島内どこに行っても宿泊先のキーを提示すれば、自動的に料金は部屋付けにできてチェックアウトの際、一括でお支払というシステム。ああいうリゾートで現金やらクレジットカードやらを持ち歩かなくてよいというのは本当に楽ちん。

チェックアウト後、ベランダでビールを飲みながら至福のひとときを味わい、せっかくなのでプールに行ってちょっと水に入ってあとはデッキチェアでごろごろしながら1日目は過ぎて行くのでした。(写真は後ほどUPします)
[PR]
by akicoms | 2006-03-03 18:51 | オーストラリア