横浜に住む働く主婦の日常


by akicoms
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

むむむ・・・

上司と面談。
上司といっても年は5歳ほど上だけど、ついこの間までほとんど同僚としてぶっちゃけ話をしていた間柄。さすがにお互いの立場上ぶっちゃけ話はできませんでしたがその辺は大人の対応でうまくごまかしつつ、本音をちらり・・・みたいなわけのわからない面談となりました。
営業譲渡が決まってからあちこちで聞く噂&事実を知るたびに積もっていた不安材料がいよいよ私にある行動を起こさせるところまで来てしまったような気がして来ました。

「転職しようかな・・・」

今の会社に入るとき、けっこう決め手となったのが「女性が多い」「役員に女性がいる」「管理職も女性が多い」そして「比較的フラットな組織」ということでした。だから人事異動も頻繁な上に昇格・降格もかなりアップダウンもあって、さすがに同じ部署内での下克上はあまりなかったけど、こないだまで隣の部署の管理職だった人が今は同じ部署の同僚・・・みたいなことはしょっちゅうでした。育児休業をとっても本人が待遇の変更を希望しなければほとんど休業前と同じ状況で働ける環境もありました。(つまりはそれだけ人使いも荒いということなのだけど)
人使いが荒いゆえに自分のことで精一杯だということが良い風にはたらき、人間関係の変なストレスもありませんでした。(最近、異動してからそれは私のまわりだけだったような気もしてきたのだけど)もちろんそういう環境には良い面・悪い面どちらもあるのだけど、少なくとも私にはある程度「居心地のいい」職場であったし、不満は不満としてそういう環境を当たり前のように思っていました。
でもやっぱり世間はそうではないっぽい・・・。

規模の小さな会社なので、比較的会社全体に目が行きやすく、ここ1年ほどで急激に自分としてはマインドが変わってきて、今まではとても受身だったのが、あれをこうしたらもっとこうなのに、みたいな積極性が生まれてきていたので、(その割に日々の業務に対するモチベーションは低いのだけど・・・)あと1・2年頑張ってマネジメントに関われたらいいなー、なんて希望もあったのです。

とーこーろーが、今回の面談で上司が言うには、親会社は当然役員は男性のみだし、管理職も今のところ女性を見たことないらしい。女性社員自体の数は少なくはないはずなので、やっぱり男会社なのね・・・。おなじような業種でも目指しているところはまったく違かったので、無理もないのだけど、やっぱりイヤだなーとか思ったりして。おまけに今月から管理職を「役職」で呼ぶようにとのお達しがきてなんだかもうモチベーションは下がりまくりなのでした。
[PR]
by akicoms | 2006-01-11 19:42 | お仕事